コロナウイルス感染に関する情報(PTA本部非公式)

48時間以内にアップデートした内容には【NEW!】がついています。

このページに記載されている内容は、西陣中央小学校PTA本部のコロナ対策チームに届いた保護者の方々からいただいた情報や外部ウェブサイトに基づいて記載されています。公式なものではないため、下記に記載した内容をご理解の上、ご覧ください。

1. 提供している内容は、受け手によって解釈が異なる場合もあることをご承知の上、各自の責任で情報の取捨選択を行って下さい。

2. 刻一刻と状況が変わっていく中で、記載されている内容が古くなっている場合もございます。このように、ここに記載されている内容が確実でないことがあり得ることをご承知いただき、各自の責任でお読みいただきますようお願い致します

3. 重要な内容に関しては、国や自治体、学校などの公共機関や医療機関の情報に従っていただきますようお願い致します。特に学校の対応は、学校から発信される内容が最新となりますので、必要に応じて学校にお問い合わせ下さい。

4. 現在、自宅待機となっている方や、(ないことを願っておりますが)感染者が新規に出た場合などについては、学校からの情報をお待ちください。

(最終更新:令和4年2月12日 13:30)

京都市教育委員会のウェブサイトが更新されました。以前は感染者がでたら一律、学級閉鎖でしたが、条件によっては学級閉鎖にならないとのことです。

1. 学級閉鎖:「感染者が出たら一律学級閉鎖」→「条件によって学級閉鎖になるときとならないときがある」に変更
例)接触者が複数いる場合や感染者、または感染疑いのある児童がいる場合のみ学級閉鎖に。(正しくは教育委員会のウェブサイトをご覧ください)

2. 学級閉鎖になった場合の期間:従来と変更なし
「感染者のうち,最終登校日が遅い方の感染者の,最終登校日の翌日から起算し,原則,5日間(土日を含む)」

3. 当該学級等に在籍する児童生徒の兄弟姉妹について
「疫学調査中は登校・登園を控える依頼」→「疫学調査中の登校・園控えの依頼を行わない」に変更。


【参考】京都市教育委員会(外部リンク)

https://www.city.kyoto.lg.jp/kyoiku/page/0000295363.html

*詳細な内容や最新の情報は、学校や教育委員会からの情報をご参照ください。

現時点で、児童が持ち帰っているタブレットにどのような保険に入っているか学校に確認する予定ですが、各家庭における故障については、内容によっては補償の範囲外かもしれません。

なお、借り受け時に「京都市立学校学習用コンピュータ等物品受領書」に書かれてある「京都市立学校学習用コンピュータ等貸出規定」には、下記の通り、「保護者や利用者の故意または重大な過失による場合は、元の状態に戻す費用は保護者が負担する」とされています。何よりも大切なことは、壊さないように丁寧に扱うことかと思います。

■■■
(亡失又は損傷の届出)
第 13 条 保護者は,貸出物品を亡失したとき又は貸出物品が損傷したときは,直ちに京都市 立学校学習用コンピュータ等貸出物品亡失・損傷届を校長に提出するものとする。
2 前項の場合において,当該事由が保護者又は利用者の故意又は重大な過失によるものと 認められるときは,修繕費等の貸出物品の現状復旧に要する費用は,保護者負担とする。
■■■

先日、「京都市PTA連絡協議会会員 保護者様」宛に配布されていた「子ども・保護者総合保障制度のご案内」について、西陣中央小学校PTAで加入している団体補償との関係や、タブレット補償の範囲も含めて、保険会社に確認をして、本PTA会員の皆様にお知らせ致します。

今年度のPTA本部では、PTAの名前が入る書類を自動で会員の皆様に配布するのではなく、内容を精査し、会員の方々に「わかりやすく」伝えることを大切にしております。

保険のようなものは、最終的には皆様の判断でご加入いただくものでありますが、様々な選択肢がある中で、本PTAが一つの選択肢だけを示すのではなく、保護者の方々によってよいと思われる点に加え、起こりうる問題も示すつもりです。

【参考】本PTAが加入している団体保険

https://honbu21.nishijinchuo-pta.kyoto.jp/download

2/4に学校よりお配りしたお知らせの通り、これまでの「学年ごと」のメール配信に加え、「クラスごと」に連絡ができるように、メールの設定の変更をお願いしております。

当初の締め切りは2/7まででしたが、本日2/8 16時までに登録された方は、テスト配信を受け取ることができます。

学校からの急な連絡などは、メールが最も迅速に届くことから、メール配信システムをご利用の全ての皆様に設定の変更をお願いしております。

https://honbu21.nishijinchuo-pta.kyoto.jp/mail_support/

ご不明なことがあれば、遠慮なくinfo@nishijinchuo-pta.kyoto.jpまでお尋ね下さい。

コロナウイルス感染が続く中で、重要な連絡手段でございますので、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

会員の皆さんに、自宅で楽しむ方法を募集したら、いろんな過ごし方を教えていただきました。料理やパズル、段ボールを使ったお遊び等など。
https://honbu21.nishijinchuo-pta.kyoto.jp/covid2/

京都市の方で「新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者等への宿泊施設あっせん」を行っております(2/7現在)。

下記の条件に当てはまる方は、安価なホテルの案内と市からの補助が出るようです。
・子どものクラスで感染者が出たが、子どもは濃厚接触者と認定されていない(もしかしたら濃厚接触者と認定されてもこの制度を利用できるかもしれません)。
・その子どもに症状が出ていない。
・宿泊を希望する保護者に症状が出ていない。
その他の詳しいことは下記の京都市の公式ウェブサイトをご覧ください

■サポート内容
安価なホテルを案内していただける(10泊まで)。
・後日、1泊あたり2000円返金される。

■制度を利用する流れ
・下記のリンクにある提携事業者(JTBまたは名鉄観光サービス)に電話する。
・宿泊を希望するエリア、メールアドレスを伝える
・「候補のホテル」「宿泊先電話番号」が書かれたメールが届くので、そこに電話して、確定する。

https://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000280563.html
(外部リンク)

【参考】2/7のある事例(金額や場所は空室状況によるため、各自でご確認の上、ご利用ください)
・3500円/泊のホテルを斡旋されました。後日、2000円戻ってくることになっているので、実質、1500円/泊になるようです。

もし、「画面がフリーズする」「音声が途切れる」などの現象が出たときは、自分の画面をオフ(先生の画面は当然オン)にしてあげると良いかもしれません。例えば、最初だけオンにしてあげて、授業が始まったらオフにするのもよいかもしれませんね。

一般的には、データ量はうける方(先生の画面を見る)は軽いですが、送る方(こちらの画面をみんなに映す)が重いです。

児童の登校や保護者の出勤に関すること

最新の情報は学校にお問い合わせ下さい。また、感染者が出たときの対応は、西陣中央小学校から出る指示やお願いが最優先されます。特に期間の延長や短縮は、学校が様々な観点から総合的に判断されていると思いますので、ご理解およびご協力をいただきますようお願い申し上げます。

<京都市教育委員会のウェブサイトの抜粋>
感染した児童が最後に登校した翌日から5日間(土日を含む)を学級閉鎖
・感染者が確認された時点で、最終登校日から5日経過していた場合→疫学調査の実施が終わるまで数日間学級閉鎖
・学級内、学年内で他の感染者が出たりする場合は、6日間以上の学級閉鎖になることもある。
・疫学調査の結果(新たな感染者や濃厚接触者がない場合など)によっては学級閉鎖の期間が短縮される場合もある。

【参考】2/3時点の 西陣中央小学校ウェブサイト
詳しくは、小学校のウェブサイトの上部にある「京都市教育委員会からのお知らせ」の「新型コロナウイルスに感染した在籍児童生徒等について,感染可能期間の登校が確認された場合の基本的な対応」をご覧ください。
https://www.city.kyoto.lg.jp/kyoiku/page/0000294098.html
(外部リンク)

学校から連絡があった通りに対応していただくことになるかと思います。なお、教育委員会や保健所による濃厚接触者の認定に約3日間かかっているようで、その期間は当該クラスの児童は自宅待機となるようです。

【参考】2/3時点の京都市教育委員会のウェブサイトより抜粋・改変
濃厚接触者の有無の判定をする疫学調査の間(概ね3日程度)、同居のご兄弟姉妹・ご家族の皆様には不要不急の外出等をお控えいただきたい

正式な対応については、学校にお問い合わせください。

西陣中央小の児童については、西陣中央小からの指示やお願いを優先されます。また、他校の児童に関しては、通われている学校の指示やお願いに従うのが一般的であると考えております。

基本的には、勤務先の指示に従うのが一般的であると考えております。

【参考】2/3時点の京都市教育委員会ウェブサイトより抜粋・改変
疫学調査やPCR検査中、また学級閉鎖期間中については、各ご家庭で直接、幼稚園や保育園、勤務先等にご確認いただきたい。

もしかしたら、不在かもしれませんが、まずは学校に電話してください。もし、不在の時は月曜日の早い時間に電話されるのがよいかと思います。(正しい対応は現在確認中です)

感染状況などの社会情勢やウイルスの特性などを踏まえて、文部科学省や教育委員会の方針が変更になることがあります。最近では、2/3に京都市教育委員会が新しい指針を出しています。

【参考】2/3時点の京都市教育委員会のウェブサイト
https://www.city.kyoto.lg.jp/kyoiku/page/0000294098.html
(外部リンク)

2/3に教育委員会から出された新たな指針によれば、自宅待機期間が7日から5日に短縮されています。このように観察期間が短くなった分、「登校再開日から2日間は、感染症対策を強化した教育活動」にするようです。

【参考】2/3時点の京都市教育委員会のウェブサイトより抜粋
“学級再開後2日間は,感染症対策を一層徹底した教育活動(注意就業)を行います。”

学校からのお願いに従って下さい

兄弟・姉妹の扱いは、概ね、次のような扱いになっているようです。
・感染者が出たクラスにおける疫学調査の期間(約3日間)は自宅待機
・疫学調査の結果、感染者が出たクラスに通っているお子さんが濃厚接触者出なかったら、兄弟・姉妹は登校再開できる。ただし、感染者が出たクラスに通っているお子さんは「5日間の自宅待機」期間は自宅待機。

【参考】2/3時点の京都市教育委員会ウェブサイトより抜粋
“疫学調査によって濃厚接触者の有無が特定されるまでの間(概ね3日程度)については,同居のご兄弟姉妹・ご家族の皆様は,不要不急の外出等をお控えいただきますよう,ご協力をお願いいたします。”
“お子様が濃厚接触者に特定されない場合は,ご兄弟姉妹・ご家族の外出は差支えございません。”

教育委員会のウェブサイトによると、疫学調査の期間は「約3日程度」ということですが、状況によってはこの期間には結果を出すのが難しい場合があるとも耳にしております。

感染の急拡大によって保健所業務が切迫していることもあり、最初に指定された自宅待機期間の間に疫学調査の結果がでない場合もあるようです。保護者の皆様におかれましては、当初の予定よりも長引く可能性も想定されていた方がよいかもしれません。

この作業に関わる方々のご苦労も大変だと耳にしており、学校や保健所へのご協力をお願い致します。

【参考】2/3時点の京都市教育委員会ウェブサイトより抜粋
“疫学調査によって濃厚接触者の有無が特定されるまでの間(概ね3日程度)については,同居のご兄弟姉妹・ご家族の皆様は,不要不急の外出等をお控えいただきますよう,ご協力をお願いいたします。”

クラス全員ではなく、濃厚接触者に認定された場合のみPCR検査の対象、のようです。

(以前は、感染者が出たクラスは、全員PCR検査を行い、結果が出るまでは自宅待機、結果が陰性の児童は登校を再開、となっていたと聞いています。)

【参考】2/3時点の京都市教育委員会ウェブサイトより抜粋
”学級全体等への集団PCR検査は,複数の学級・学年,教職員で感染者が確認される等,校内での感染拡大が懸念される場合に限定して実施いたします。”

”濃厚接触者に特定された在籍児童生徒については,PCR検査の受検をお願いしますので,詳細は,特定された際に,学校からご連絡いたします。お子様が濃厚接触者としてPCR検査を受検していただく場合は,検査結果判明まで,ご兄弟姉妹・ご家族も外出自粛にご協力をお願いします。”

各自の判断になるかと思いますが、感染している可能性が低い場合は、マスク着用を含めた慎重な行動で、最低限の買い物などをしていただいても差し支えないようです。ただし、感染防止に細心の注意が必要かと思います。

【参考】京都市ウェブサイトより(外部リンク)
https://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000284363.html

授業に関すること

学校にお問い合わせ下さい

聞いた話では、担任の先生などからタブレットがご自宅に届けられ、学校の授業をオンラインで参加できるようにしていただけているようです(2/1現在)。

【参考】1/29の学校からのメール配信
「ごきょうだいにおかれましては,登校をお控えいただいている間,オンラインによる学習ができるよう準備をすすめております。該当のご家庭は個別にご連絡いただけたらありがたいです。」

今のところ、何かしらの方法でタブレットを届け(保護者が学校に取りに行く・担任の先生がご自宅にお届けする)、オンライン授業ができる環境を整えて下さっている、と耳にしております(2/1現在)。

担任の先生が濃厚接触者に認定されない限りは、授業をされているようです。また、他の先生が代わりに授業をされているケースもあると聞いています。

タブレット(含インターネット接続)に関すること

学校で基本的な使い方を教えてもらっていると思います。分からないことは学校にお尋ね下さい。ネットワークの接続など、学校のサポートが難しそうな場合はPTA本部のITチームがサポート可能かもしれませんので、お問い合わせ下さい。

「これは学校のものだから、勉強の時だけ使ってね」と伝えるのもよいかもしれませんね。なお、タブレットで操作した内容や、どの時間にタブレットを使ったかは、記録として残されているようです。

何らかの理由でタブレットにロックがかかってしまったようですので、学校に問い合わせてください。交換などの対応をしてくれると思います。

マイクロソフトアカウントをご存じの場合は、他のWindows PCやタブレットから、回復キーの取得やロックの解除ができるかと思いますが、ご自身で行わずに、学校に対応を任せて下さい。

  1. 起動する
  2. ログイン画面がでたら、「ログインせずに」右下にある地球のマークをクリックする。
  3. ご自宅のWiFiルータの名前をクリックし、パスワードを入力する。

内容によってはPTA本部のITチームで、サポートが可能な場合がございます。ご連絡ください。

メール:info@nishijinchuo-pta.kyoto.jp
ウェブフォーム:https://forms.gle/hvJiKwV1XidVNZGn6

編集中

子どもの過ごし方に関すること

私達も正解をもっていませんが、大切なことは保護者の方々が冷静に対応されることです。まず、泣いているご本人が健康であることを確認し、「大丈夫。元気と言うことはコロナにかかっていないと思うよ」「でも、ちょっとでも体調悪くなったら教えてね。そのときにお医者さんに見にいったら大丈夫。」と伝えてあげるのがよいかと思います。報道で、重症の方を強調している番組はみないようにするのも大切かもしれませんね。

お子さんの体調に強い不安がある場合は、かかりつけの医療機関に電話する、危ないと思ったときは救急に電話してもよいかと思います。

夜間であれば、#8000が開設されています。
https://www.pref.kyoto.jp/iryo/8000.html

PTA本部で、保護者の方々から、ご自宅で楽しく過ごすアイディアを募集しており、その提案をまとめたウェブサイトを用意する予定です。

また、お友だちとオンラインで顔をあわせられるツールを準備しておりますので、ご希望の方はPTA本部にご相談ください。

メール(info@nishijinchuo-pta.kyoto.jp)か下記のフォームにご記入いただければ、ご協力できる場合もございますので、お気軽にお聞かせ下さいませ。
https://forms.gle/hvJiKwV1XidVNZGn6

無料PCR検査

京都市では、無料のPCR検査場を用意しています。
http://www.pref.kyoto.jp/kikikanri/news/corona_muryokensa.html
(外部リンク)

(感染が疑われる症状のある方や濃厚接触者はこの検査場では受検できません。医療機関などで受検して下さい)

https://www.pref.kyoto.jp/kikikanri/news/corona_muryokensa.html(外部リンク)

【対象者】発熱等の症状がない方、濃厚接触者ではない方の中で、下記のいずれかに当てはまる方。

・感染リスクが高い環境にある等のため感染不安を感じる住民<ほとんどの方がこれに当てはまると思います>
・ワクチン検査パッケージ制度又は対象者全員検査及び飲食、イベント、旅行・帰省等の活動に際して、陰性の検査結果を確認する必要がある方

【対象外】
会社等の指示に基づき検査を希望する方(ただし、対象者にある「感染不安を感じる住民」であれば検査は可能なようです)
発熱・咳などの風邪の症状がある方
濃厚接触者の方

【1/30現在の情報】
校区内にいくつかある無料のPCR検査場は、受検まで数日かかることが確認されています。少し遠いですが、下記の無料PCR検査場が申し込みした日に受検できるという情報がありました。情報をご希望の方はinfopnishijinchuo-pta.kyoto.jpまでお尋ね下さい(公式情報でないため、各自で確認して下さい)

「今」コロナウイルスに感染しているかしていないか判定するものが「抗原検査」と「PCR検査」になります。

「過去にコロナウイルスに感染したため、体内にコロナウイルスに対する抗体ができている」「ワクチン接種でコロナウイルスに対する抗体ができている」のを調べるのが抗体検査です。

各々に特徴があります。

「一般的に」PCR検査は、感度が高く、わずかなウイルスを検出できます。一方で、検査結果が出るまでに時間(数時間から数日)がかかります。

「一般的に」抗原検査は、PCRに比べ、感度は劣りますが、迅速(15分程度)に結果が出ます。

一般的なこと

京都府の方針は「発熱症状などのある方は、まずは身近な医療機関にお電話下さい。」となっています。
https://www.pref.kyoto.jp/kentai/corona/soudan.html
(外部リンク)

夜間や医療機関が休みのとき、かかりつけ医のいない方
「きょうと新型コロナ医療相談センター」
075-414-5487(365日24時間、京都府・京都市共通)
ただし、この電話はつながりにくい場合があるようです。
https://twitter.com/kyoto_corona/status/1486572174395600897

下記の公式情報が参考になるかと思います。

京都府のウェブサイト(外部リンク)
http://www.pref.kyoto.jp/kentai/corona/iryosodan_qa.html

京都府新型コロナウイルス感染症対策本部 公式Twitterアカウント(外部リンク)
https://twitter.com/kyoto_corona

厚生労働省ウェブサイト
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
(外部リンク)

その他

「子どもがコロナウイルスに感染した」「姉妹・兄弟が濃厚接触者に認定された」などのケースは、できるだけ速やかに学校にご連絡いただくのがよいと思います。

学校からは「保護者の皆様に少しでも安心していただけたらと考えておりますので、どんな些細なことでも、質問があれば学校までお尋ね下さい」と聞いています。

学校で対応が難しそうなことや学校に電話がつながりにくい時は、メール(info@nishijinchuo-pta.kyoto.jp)か下記のフォームにご記入いただければ、どの対応が望ましいか、ご提案できる場合がございます。

nishijinhoan@gmail.comにその旨をお聞かせ下さい。ただし、感染者が出たために学級閉鎖になったクラスの保護者様は、学級閉鎖の期間は自動的に「見守り欠席」の扱いとなりますので、連絡は不要です。

家族に、感染者や濃厚接触者あるいは学級閉鎖の対象となっている児童がいる場合は、見守りをお休みください。また、市中感染などが心配な方も、無理はされず、お休みいただいてもかまいません。nishijinhoan@gmail.comにその旨をお聞かせ下さい。

こちらから役をお願いすることはございません。

昨年度、今年度で、できる人ができることをモットーにした「完全ボランティア」を目指し、無理にお仕事をお願いすることをなくす試みをおこなっております。

もし、なにかお手伝いしたいという方がいらっしゃれば、ご連絡いただけますと幸いです。

私達PTA本部は、西陣中央小学校の保護者や子どものために少しでもできることをしたい、と願っている人がメンバーになっています。皆さんの不安を減らし、学校への負担を減らすために何かできないか常に考えております。

皆さんがお持ちの不安は、私達も含め、他の方々も同じ不安を抱かれていることもあります。この状況の中で、少しでも安心できることを一緒に考えていただければ幸いです。

メール(info@nishijinchuo-pta.kyoto.jp)か下記のフォームにご記入いただければ、ご協力できる場合もございますので、お気軽にお聞かせ下さいませ。
https://forms.gle/hvJiKwV1XidVNZGn6

下記のウェブフォームまたはメール(info@nishijinchuo-pta.kyoto.jp)にて、その内容をお聞かせ下さい。匿名の問い合わせでもかまいません。全てのお問い合わせにお答えできない可能性がありますことをあらかじめご了承下さい。